スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地下鉄で 

昨日のことなんですが。

ちょっと昼間出かけまして、夕方家に帰るために最寄の地下鉄に乗ったんです。
既にラッシュアワーに近かったのでそれなりの混み方で、当分降りない私は車両の真ん中までずいっと入り込みました。

真ん中付近では、ブルー(紺ではなく、おしゃれなブルー)のあったかそうなダッフルコートを着込んだ背の高い男性が一心不乱に文庫本を読んでました。
しばらくして、なにやらその人の顔から、ぽたり、としたたり落ちるものが・・・。
ん?と思ってそれとなく目線をやってみると。
彼の鼻の下は、滝のような鼻水で濡れまくり、それだけじゃなく、額も頬もしたたる汗で顔を洗った直後のようなびしょびしょのぐっしょぐしょ状態!
・・・するってえと、さっきの「ぽたり」は汗or鼻水か、と思った瞬間、また「ぽたり」(^^;)。

ぎゃ~!!

次の駅に着いた瞬間、降りる人にまぎれて、別の場所に移動しちゃいました。
だって彼の「ぽたり」が万一自分にかかったら、強烈にきもいもん。
(彼の前の座席に座ってる人は、逃げられなくて本当にイヤだっただろうなぁ・・・)

それにしても、そんなに汗っかきなら常にタオルくらい持ってるべきでしょう。
いやその前に、とりあえずあのおされコートを脱げ!


さすがにちょっと強烈体験でした(^^;)。
(でもまぁ冬の東京の地下鉄は暖房効きすぎで暑すぎるんですけどね)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://capriccio9.blog111.fc2.com/tb.php/186-09ab94db

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。